埼玉の風俗嬢とプレイ!

イチャイチャ楽しめます。 - 仕事帰りの風俗遊び

仕事帰りの風俗遊び

仕事帰りに一杯飲んで帰る・・というのが楽しみのひとつとなっている男性も、たまには風俗でスッキリして帰宅するのもいいんじゃないでしょうか?

仕事帰りに風俗に立ち寄る・・となると、汗臭い可能性もあるので、ラブホテルでデリヘルを呼ぶという遊び方がオススメです。

風俗で働く女の子たちは、汗臭い男性を不潔と判断しますので、まずはラブホテルに入って予約の電話をかけてみましょう。

最近はデリヘルで働く女の子が増え、いつでもどこでも待ち時間も少なく利用する事ができます。
混雑する時間帯を避けていただく必要があるんですが、夜のサービスタイムなどがあるホテルでゆっくり過ごしながらデリヘル嬢が来るのを待つというのもいい方法だと思いませんか?

一人暮らしなら、自宅に帰ってから呼ぶという感じでもいいと思います。
決して汗臭い状態で対面してはいけません。
待ち時間の間にシャワーを浴びて清潔な状態にしてくださいね。
一緒にお風呂に入るからいいや!と適当に考える方もいらっしゃいますが、悪い印象を与えるとサービスに影響しますので、キレイな状態で対面する事を意識してください。
一人でラブホテルに入るということを恥ずかしく思う方もいらっしゃいますが、そういう場合は待ち合わせも可能なので、すぐ来てくれるデリヘルを探してみるといいでしょう。

待ち時間について

デリヘルを呼ぶ時、ホテルに入ってから電話をかけるという方も多いんですが、待ち時間がどれぐらいかかるかわかりませんので、「ホテル代」が時間ごとに増えてしまうという事も考えなければなりません。

3時間が基本料金となっている場合は、ゆとりがありそうな印象もありますが、利用客が多い場合は結構待たされてしまうこともありますから、まずは「予定時間」を聞いてからホテルに入った方がいいと思います。

自宅なら時間は気にする必要もないのですが、ラブホテルの場合は時間ごとに料金が加算されてしまうので、部屋代だけで無駄に使ってしまう事になります。

ゆっくり過ごして待てるので、ホテルはとてもいい「環境」だと思うんですが、あまりにも待ち時間が長いとイライラしてしまうという事もありますし、エッチな番組をみながらヌイてしまうという事もありますので、気を付けたいところですね。

昼間なら派遣するのも時間はかからないはずなんですが、渋滞にはまってしまったというようなケースもありますから、多少の遅れはしょうがないと思っていただくしかありませんので、こういう部分についてもご理解いただき、利用していただきたいと思います。