カード現金化は危険な要素が多いのか?

カード現金化はとても便利なサービスではあります。

しかし利用する前によく知らない人にとっては危険なサービスではないかと思う人もいるのではないでしょうか。

カード現金化は危険?

カード現金化が危険だという根拠はどこから来ているのでしょうか。結論から言えば危険ではありません。なぜならその仕組みはとてもシンプルだからです。あくまでも、クレジットカードについているショッピング枠を利用した上で買い物をして、その買い物をして手に入れた商品を売って現金にしているので、特に問題などないのです。しかしショッピング枠の現金化について問題視されたり、危険だと言われるには多重債務につながるからだと言えるでしょう。

借金と同じ

お金を借り入れるのとは仕組みが違いますが、自分のお金ではないことは確かです。働いて手に入れた現金ではなくて、現金化したお金はあくまでもクレジットカード会社から借りているお金ですので、返済する必要があります。ですから、何度も利用していれば多重債務になる事もあるのです。借金が多重債務になってしまう人の特徴は借金に借金が重なる特徴があります。クレジットカードのキャッシング枠がいっぱいになった、だからショッピング枠に手を出して現金化した、これが続けば最終的にはショッピング枠もいっぱいになって現金が手に入らなくなります。その頃には借金はかなり膨れ上がっているでしょう。

カード現金化そのものが危険なのではなくて、カード現金化を続けることによる多重債務のリスクが危険です。

△PAGE TOP